スポンサードリンク
バナー

広   告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
--/--/--スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マジコン「R4」 YSmenu導入解説

R4に最新のDSTT非公式カーネル
「Unofficial DSTT Kernel V1.17a07a12 日本語版」を導入しましょう。



R4



・必要なもの
①microSD
②R4最新公式カーネル v1.18 → ダウンロード
③Unofficial DSTT Kernel 最新版 → ダウンロード
④「YSMenu」 → ダウンロード
⑤「Win32 GUI」 → ダウンロード
⑥「r4tf.dldi」 → ダウンロード


以上のものをダウンロードしたら次に進みます。

 
  

・R4のカーネルv1.18を解凍し、中のファイルをmicroSDに入れます。

ys001.jpg



・「Unofficial DSTT Kernel V1.17 最新版」を解凍後、
中にある「TTMenu」と「TTMENU.dat」を、適当なフォルダを作り入れます。(ここでは「フォルダ1」とします)

ys002.jpg



.「YSMenu」を解凍し、中のファイル「ttextract.exe」「YSMenu.nds」を「フォルダ1」に入れます。
さらに「r4tf.dldi」も「フォルダ1」に入れます。

その後に「YSMenu.ini」を「フォルダ1」の「TTMenu」に入れてください。

ys3.jpg


すべて入れ終わったら、「フォルダ1」の「ttextract.exe」を実行してください。

ys4.jpg

コマンドプロンプトが起動し、
「ttdldi.dat」 「ttpatch.dat」 「r4dldi.dat」 「r4patch.dat」 が生成されます。
生成された4つのファイルすべてを「TTMenu」フォルダに移動した後、
「ttextract.exe」と「TTMENU.DAT」を削除してください。

ys5.jpg



.「dlditool-win32-gui」を解凍し、「dlditool32」を起動させます。
①に「フォルダ1」を指定します。
②に「フォルダ1内」の「YSMenu.nds」を指定した後、
③をクリックしてDLDIパッチを適用します。

ys6.jpg
ys7.jpg

これが出たら成功です。




・「フォルダ1」の「TTMenuフォルダ」と、パッチを当てた「YSMenu.nds」を
R4のカーネルの入ったmicroSDに入れます。

ys8.jpg


あとはここにROMを入れ、
「ゲーム」 → 「 YSMenu.nds」 → 「ROM」にて起動できます。


以上で終了です。

お疲れ様でした。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
閲覧者数:
ブログランキング
microad


fx 比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。